専門家評価

サービス概要

専門家評価は、評価対象の製品やサービスを被験者に使ってもらう代わりに、ユーザビリティの専門家が製品を操作(ウォークスルー)することで、ユーザビリティ上の問題を抽出する方法です。ヒューリスティック評価、エキスパートレビュー、とも呼ばれます。

被験者の協力が不要なので、短期間で評価を行うことができ、比較的低いコストで実施できます。また、仕様書や初期プロトタイプといった、被験者に使ってもらうことができない段階の評価対象でも評価を行うことができます。

被験者を使わない評価は専門家評価またはヒューリスティック評価と呼ばれ、被験者にタスクを与える代わりに、ユーザビリティの専門家が製品を操作して、ユーザがつまずくおそれのある部分を指摘します。機能、ユーザインタフェースが実際に動作しなくても、その仕様さえわかればある程度の評価は可能ですし、評価期間も短くて済みます。被験者を使った評価と比べると評価精度には限界があるものの、開発の初期段階で大きな問題は潰しておきたい、発見した問題の改良案の効果をチェックしたいなど、被験者を使った評価のデメリットを補うものです。比較的小規模な評価を素早く実施したいときには有効な評価手法です

サービス特徴

評価経験の豊富なコンサルタントによる評価

専門家評価を行う評価者には、ユーザの思考や行動をイメージする能力が求められます。ヒューマンインタフェースで専門家評価を行うコンサルタントは、ユーザビリティテスト(ユーザーテスト)を数多く経験しており、さまざまなタイプのユーザーがいろいろな製品を操作する様子、つまずく様子に接してきております。

評価経験の豊富なコンサルタントによる評価

チェックリストに基づいた仕様のチェックではなく、タスクに基づいたウォークスルーを行うことによってユーザの目線でつまずきの有無をチェックするので、起こりうる問題をよりリアリティのある内容でご報告いたします。

サービス内容

標準的な内容は以下とおりです。

  • 評価企画
  • 評価実施(ウォークスルーの実施)
  • 報告書作成

お客様のご要望や様々な条件に応じて、適切な評価プランをご提案いたします。

アウトプット

標準的なアウトプットは以下のとおりです。内容や予算、納期により変わる場合があります。

評価企画書

評価の目的、評価範囲、方法、想定ユーザー、タスク、スケジュールなど、専門家評価を実施する上で必要な情報を記した文書です。ご依頼いただいた内容を確認、合意するための文書でもあります。

結果報告書

下記は標準的な構成です。

  • 評価概要:専門家評価の実施内容
  • 問題リスト:専門家評価で抽出したユーザビリティ上の問題のリストです。
  • 問題分析結果:専門家評価で抽出した個々の問題について、問題内容、想定原因を記述します。

実施の流れ

標準的な実施フローは以下のとおりです。評価内容や予算、納期により変わる場合があります。

1:目的、内容のヒアリング

評価の目的、評価対象製品、ユーザー像など、評価に必要な情報をうかがいます。

2:評価計画

ヒアリング内容を元に評価企画書を作成し、お客様と協議しながら詳細を決定します。

3:評価の実施

ユーザビリティ問題の抽出、分析を行います。

4:報告書の作成

報告書の作成を行います。

5:ご報告

評価結果をご報告し、報告書を納品いたします。

これまでの事例

評価対象 対象範囲 評価対象の状態 備考
関数電卓UI市販製品競合製品との比較
家庭用発電機 取扱説明書市販製品
エアコン取扱説明書市販製品
家庭用フロアモップ本体市販製品
デジタルカメラUIUIモックアップ
内視鏡操作部市販製品
特定情報DBサイトUIプロトタイプ
PC周辺機器取扱説明書市販製品、プロトタイプ従来品とプロトタイプとの比較